インプラントと差し歯

インプラントと差し歯について

インプラントと差し歯の違い

インプラントは歯のない部分に対する治療で、差し歯というのは歯の根元が残っていて、上にかぶせる治療をすることを言います。自分の歯が残っているかどうかというのが、治療の上で最大の違いになります。どちらも、最終的に歯かぶせることになるので、美容の面から言うと見た目を回復する機能があります。インプラントの場合は、セラミックを使った人工歯を使うことが多く、本物の歯のような見た目になります。差し歯には、プラスチックやセラミックなど、いくつかの材質の違いがあり、噛み合わせなどを総合的に考えて患者さんの口に合ったものを選びます。

美容効果も高いインプラント治療

インプラントは、美容に関するケアとしても注目されています。特に、前歯の治療の場合は、笑顔などの歯が見えやすくなるような表情になるときに、他人に良く見えてしまう場所の歯の治療をしてもらうことができ、美しさを向上させていくことができます。インプラント治療では、天然の歯のように美しいものを取り付けてもらうことが可能です。本物の歯のように透明感がある歯をつけてもらうことができ、笑顔の時の印象を良いものに向上することが可能になっているため、女性などで治療を受ける人が欧化傾向にあり、人気が高いものになっています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 審美的なインプラントについて All rights reserved