インプラントの危険性

インプラントは外科手術です

インプラントの治療方法

インプラントとは、体に埋め込む器具のことで、歯科においては、歯がなくなった場合、人工の歯根(フィクスチャー)を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製してかみ合わせる方法の治療をいいます。自分の歯と同じような噛み心地が得られることが特徴です。このあと、フィクスチャーが、骨に結合されるまで、3年前後かかります。その後、フィクスターの上にアバットメントを結合し、その上に人工の歯を装着して完成です。治療終了後、定期的なメンテナンスを続けることで、10年以上は、使用する事ができます。

歯のインプラント治療は魅力的

歯のインプラント治療とは、顎の骨に直接器具を埋め込むので、ぐらぐら動くことがないのが一番のメリットです。食事の時の感覚が、入れ歯や差し歯とは全く違います。自分の歯で嚙んでいる感覚と遜色がありません。見た目も自然なので、周囲に気付かれる心配もありません。医療技術は日々進歩しているので、治療期間も材料もどんどん変わっています。治療期間も長くなりますし自由診療なので費用もかさみますが、検討する価値のある選択肢の一つです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 審美的なインプラントについて All rights reserved